ジェルアイライナーの特徴

以前までは、アイラインを引くためのアイテムとしては「ペンシルライナー」や「リキッドライナー」が主流でした。

 
ですが、最近になって主流になりつつあるのが「ジェルライナー」です。

 
これは、液体と固形の中間のような感触になっていて、ボトルに入っている形状のものです。特徴としては、くっきりしたラインが引けて、太い線から細い線まで様々な太さの調節が可能です。また、ぼかしやすく、にじみにくいといった特徴もあります。

 
ただ、筆に取った量や、筆圧によって太さが変わってしまうため、少しテクニックを必要とし、慣れるまでに練習が必要です。

 
カラーには、定番のブラックをはじめ、ブラウンやブルーなど様々なカラーが発売されています。

 
線を引く時には筆を必要としますが、商品によっては付属してくるものや、別売りになっているものなどがあります。

 
特にキレイな線を引く事にこだわりたい方は、一流メーカーの質の良い毛の筆を購入するのが良いでしょう。1本買って清潔を保ちメンテナンスをしっかりしておく事で、ずっと使い続けることが可能です。

 
これを使用した後には、フタをしっかり閉めないと、乾いてパサパサになり、使えなくなってしまいます。

 

使い終わった後にはしっかりとフタを閉めるようにしましょう。